育毛シャンプーはあっても育毛リンスはないのか

育毛シャンプーを探した時についついリンスまで探してしまうのは幼い頃からの習慣のようですが、育毛シャンプーに基本リンスはありませんでした。

元々リンスというのは髪の毛を守るためにあるようなものであり、ワックスのように髪の毛自体を固めてしまうようなものです。
汚れや洗い残しがあった場合はそれごと閉じ込めてしまう事になります。
しかも頭皮にかかって固まったら意味がありません。

昔は男性が使うことがほとんどで短い髪、抜け毛や薄毛予防などといった理由からか、リンスの必要性がなかったようです。
しかし今では女性も使いますし、髪の毛の長い男性もいます。
育毛シャンプーに馬油や植物性のオイルなどが配合されて、髪がまとまりやすくなりました。

そして女性用の育毛シャンプーにはリンスがつくようになりました。
やはり女性はリンスまででワンセットと数えるようです。
各メーカーによってリンスと呼ばれていたり、コンディショナーと呼ばれていたりしますが、基本的に植物性の油やハーブなどによって髪を保護する目的で、普通のリンスとは違うことから一応育毛リンスとなるのでしょうか。

しかしそれは育毛シャンプーに入っていてもおかしくないようなものが多く、固めるためなどのシリコンなどは入っていません。
どちらかといえば女性用の香りを重視したようなアロマリンスといえるものが多いでしょう。

そのせいでしょうか。
育毛シャンプーのランキングにおいてリンスとセットになっている育毛シャンプーはあまり見かけられません。
主に育毛シャンプーだけできちんとなりたっているものが多く、また正しい育毛シャンプーの使い方においてもリンスを付ける項目があまり記載されていないのです。

育毛シャンプーにおけるリンスというのは女性の不満を解消し、自然な香りをもたらすためにあるといってもいいでしょう。
育毛するためにあるのではなく、あくまで育毛シャンプーと一緒に使うことによって髪を纏めやすくするものであると言えるでしょう。

Copyright (C) 頭皮の状態を改善 All Rights Reserved.