医薬部外品の育毛シャンプー

医薬部外品とは「医薬品」と「化粧品」の中間的な分類で、日本の薬事法によって定められています。
厚生労働大臣によって効能、効果が認められた成分を配合した商品が医薬部外品として承認され、商品の広告や宣伝にその効能を謳うことが認められるのです。
…という風にあるので選ばれた商品なのかと考えられますが、医薬部外品は申請手続きが必要なだけです。

一般的に育毛シャンプーというよりも薬用シャンプーと言われるタイプになるようです。
ただしその医薬部外品だったから完璧な育毛シャンプーというわけではありません。
その辺りはやはり個人の体質の差があります。

それでは医薬部外品の育毛シャンプーとはどのようなものがあるのでしょう。
有名なのは「スカルプDシリーズ」で、医薬部外品となっていますが、レビューなどをみるとうやはり個人によって意見が分かれることも大きいと言えます。

レビューにある洗浄力と泡立ちはオリジナル成分「アミノウォッシュ+」というアミノ酸系の界面活性剤を開発したからなのですが、そこでも分かれているのです。
「育毛シャンプーなのに泡立ちがよくて驚きましたし、言われていたようなすっきり感がないということも特に感じませんでした」という肯定的な意見や「育毛シャンプーなのに界面活性剤が入っていることに悩んでいます。

害はないのですがリピートはやめておこうと思っています」と否定的な意見もあります。
医薬部外品は薬用シャンプーという扱いがされていますが医薬品ではありません。
化粧品であり、医療の効果もあるというタイプというかんじです。

育毛シャンプーは頭皮の環境を整えるための成分や保湿するための成分を多く持っているものが多く、その中でも有名な保湿成分を持っているものが医薬部外品となると言ってもいいのでしょう。
医薬部外品は確かに厚生労働大臣によって効能、効果が認められたものですが、そこにこだわらずに自分に合った育毛シャンプーを探しましょう。

また育毛シャンプーには男性用と女性用がありますが、男性用と女性用の育毛シャンプーの違いもご覧ください。

Copyright (C) 頭皮の状態を改善 All Rights Reserved.