育毛シャンプーは毛母細胞に働きかけるのか

毛母細胞というのは、毛乳頭から栄養や酸素を取り、細胞分裂する際にそれを養分として髪の毛となって成長していく髪の育毛の元といってもいいでしょう。
その毛乳頭に栄養を届けるのが血液ですが、その血液から栄養をもらえない場合には髪が育たないという事態が発生します。

髪は生命活動に直接関係がないばかりに栄養が不足していると送られてくることはありません。
食事の不規則さやいい加減な食事は髪への栄養不足からの抜け毛や薄毛を招きます。
そして何より髪にとってのゴールデンタイムは夜の10時〜深夜2時の間であり、その時間に眠っていることによって副交感神経によって髪に栄養が運ばれてくるのですが、夜更かしをしていたら働くことはありません。

髪は眠っている間に働いてくれる副交感神経の管轄なのです。
ちなみにストレスによって髪が抜けるのも自律神経が狂うことによって、副交感神経が働かなくなることによって起こります。

そんな人に相応しい育毛シャンプーは「栄養補給タイプ」の育毛シャンプーです。
このタイプの育毛シャンプーには栄養成分が加えられていますので、頭皮の汚れを取り除き、栄養成分を毛母細胞に直接届けることが出来るのです。

ですが外側から栄養を与えるよりも内側から栄養を与えた方が効果があります。
食事はきちんとバランスのよいものを取るようにし、睡眠時間もなるべく早く取るようにしましょう。
血行不良は食事の改善によって治るのですが、不安ならば「血行促進タイプ」の育毛シャンプーもお勧めです。
栄養を頭部まで確実に運んできてもらうのに大切な役割といってもいいでしょう。

ちなみに髪の毛はタンパク質でできており、髪の毛はケラチンというタンパク質でできています。
当然タンパク質が不足していると髪が細くなり、抜け毛の原因であるということばかりですので、ダイエットしているという理由などがある時には外から栄養を補充する育毛シャンプーにするようにしましょう。

Copyright (C) 頭皮の状態を改善 All Rights Reserved.