育毛シャンプーのあわ立ちは良いのか?

育毛シャンプーのあわ立ちはいいとは言えません。
洗い上りのさっぱり感もありません。
それが頭皮や髪にいい洗浄力なのです。

昔から汚れていると泡立たないと言われ洗浄力が上がり、さっぱりしたいからと爽快感を感じるようにするように、シャンプーは変わっていきました。
使われているものは石油などで作られた化学薬品と言ってもよいもので、その中にまだまだたくさんの薬品が入っています。

シャンプーは泡立つことが当たり前、洗うとさっぱりと気持ちよく、良い香りがするのも全て薬品の力なのが一般的なシャンプーです。
しかし髪を守る成分は配合されていても、肝心の頭皮は守るどころか皮脂まで剥がして爽快感に変えてしまい、頭皮を傷めてしまうのです。

育毛シャンプーはそんな頭皮を守り改善するために生まれました。
あわ立ちが良くないのは余分な成分が入っていないからです。
普通のシャンプーで特にあわ立ちがよいのは入っている成分にあります。

育毛シャンプーはアミノ酸系と自然なハーブや植物性オイル、生薬や馬油などといったものでできていますので、あわ立たないことはないのですが普通に売られているシャンプーに比べるとあわ立ちません。
ですがその場で汚れているのかとか、1回分が少なかったのかと育毛シャンプーの量を増やすのはやめてください。

洗いすぎには注意してください。
育毛シャンプーはあわ立ちが悪いものが多いのですが、無駄な添加物を使用していないのであわ立ちが悪いだけです。
また洗い流してもさっぱりとした爽快感がないと何度もこするように流さないでください。
確かに洗い上がりはさっぱりするものと考えてしまうかもしれませんが、それが頭皮を傷めてしまった原因のひとつでもあるのです。

そんな頭皮を守るために育毛シャンプーは余分な皮脂を取り除くことはしません。
勿論すすぎはしっかりする必要がありますが、すすぎと洗いすぎは違います。
普通のシャンプーとは違うあわ立ちや洗い上りが育毛シャンプーです。
薄毛対策にはアミノ酸系育毛シャンプーがおすすめなのです。

Copyright (C) 頭皮の状態を改善 All Rights Reserved.